nosh(ナッシュ)実食レポート第2回 サバの韓国風味噌だれ おつまみ感強し 晩酌のおともにもいいかも

イザ!
手前が主菜のサバの味噌煮、奥の副菜は左から、白菜と人参のコチュジャンあえ、ぜんまいのナムル、ピリ辛枝豆
手前が主菜のサバの味噌煮、奥の副菜は左から、白菜と人参のコチュジャンあえ、ぜんまいのナムル、ピリ辛枝豆

糖質30グラム、塩分2.5グラム以下と糖質や塩分に配慮しながらもおいしいと話題の宅配弁当、nosh(ナッシュ)の実食レポート。第2回は「サバの韓国風味噌だれ」です。

パッケージ上面の表示によると、糖質15.1、塩分2.3、脂質34.1、食物繊維4.3(ここまでの単位はグラム)で474キロカロリー。電子レンジでの温め時間はワット数によって、4分半から5分半程度。前回同様、ご飯と味噌汁は別途用意し、テレワーク中の自宅でお昼ご飯としていただきました。

自前の麦ご飯、味噌汁と合わせて、テレワーク中のランチでいただきました
自前の麦ご飯、味噌汁と合わせて、テレワーク中のランチでいただきました

主菜は定食の定番、サバの味噌煮を韓国風にしたような感じ。サバ味噌は甘辛の味噌がこってりとサバに絡みついて濃厚な味わいが特徴ですが、こちらは辛味が勝っている分さっぱりと食べられ、独特の臭みも感じません。一見、よく知っている料理のようで食べてみると一味違うという、親しみやすさと新しさが共存するうまいポイントを突いているなと感じました。

サバ自体の旨味とピリ辛の調味料のバランスがよく、どちらも味わうことができます。最初はそれほど辛さを感じませんが、あとからじわじわと辛くなってきます。とは言っても、辛いものが苦手な人でもギリギリいけるかもという程度の辛さではないかと思います。

サバの身は3枚におろしてあり、大きな骨は取り除かれています。小骨が気になる人もいると思いますが、よく火が通っていて柔らかくなっているので、しっかり噛んで食べれば心配ないでしょう。サバと一緒に調理されたなすや長ネギも辛味噌だれと相性よし。たれをたっぷりつけてご飯に乗せて食べると最高のおかずです。

⇒ナッシュの冷凍弁当の購入はこちらから
  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?