退職か、働かないおじさん化か──50代社員を“用済み”扱いする社会のひずみ

ITメディア
大和さんは会社から、退職か異動先の閑職で耐えるかを迫られた(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
大和さんは会社から、退職か異動先の閑職で耐えるかを迫られた(画像はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

今回はまず、大手企業に勤める大和さん(50代男性)の話をお読みください。

うちの会社は52歳になるとセカンドキャリア研修を受けさせられます。通称“肩たたき研修“です。研修のことは、先輩からも聞いていたので「まぁ、仕方ないなぁ」と考えていました。

ところが、それだけで終わりませんでした。そのあと上司との面談があって、早期退職に希望するかどうかを聞かれたんです。これはさすがにショックでした。というか、怒りを感じました。

つい先日までかなり多忙で、会社からの期待も受け、順調に過ごしていたんです。なのに突然、別セクションに異動を命じられ「早期退職するという選択もあるけど……」って。つまり、私は用済み、と言われたんです。怒りに任せて、早期退職に応募します、と言いそうになりました。でも、いったん、頭を冷やした方がいいと、グッとこらえました。

おそらくこのままだと、異動先でかなり暇な職務に就くことになります。客観的にみれば、もう居場所はないわけですから、やめた方がいいですよね。50歳過ぎての転職は厳しいけど、用済みと言われた会社で、くすぶってるよりましです。

ただ、自分ではもう少しこの会社でやりたいことがある。やり残した仕事といってもいいかもしれません。毎年、55歳をすぎた社員が数人、関連会社に再雇用されます。社内の選抜試験にさえ合格すれば、面接の切符をもらえます。再雇用先の会社の役員面接です。

他社からも受ける人がいますし、年々狭き門になっているのですが、そこまで踏ん張ろうかな、と考えています。

周りからは、会社にしがみついてると思われるでしょうし、会社は70歳までの雇用が努力義務化されているので、必死で追い出しにかかるでしょうけど。

以前、河合さん(筆者)が「自分が思うほど周りは自分に興味はない」って言ってたので、その言葉を信じで、やりたいようにやろうと思います。

本当に「働く側に問題がある」のか?

このところ、やたらと「働かないおじさん」というワードを、目にするようになりました。

私の記憶では、この不名誉かつ辛辣(しんらつ)なネーミングは、2014年に「追い出し部屋」が社会問題になった頃から使われています。当時は「使えないおじさん」「フリーライダー」と表現されることもありました。

今から8年も前の出来事です。なのになぜ、再び、「働かないおじさん」アゲインなのか。

そもそも、世間では、あたかも「働く側に問題がある」ように、「働かないおじさん」という言葉が使われていますが、件の大和さんのような状況に身を置く人は「働かないおじさん」なのでしょうか? それを考えていただきたいのです。

「おじさん」に仮託された社会の不満

もし、「働かないおじさん」=やる気のない社員とするなら、若い人の中にも「働かない兄さん」はいるし、女の人の中にも「働かない姉さん」や「働かないおばさん」はいます。

あるインターネット調査で「約半数の企業に『働かないおじさん』の存在を確認!?」との結果が出て話題になっていましたが、「働かない会社員」「働かない若者」と主語を変えても、似たような結果が出るのではないでしょうか。

なにせ、賃金はいっこうに上がらず、何をやってもちっとも報われないご時世です。自分より楽をしているように見えるおじさん社員が、自分より高い賃金をもらっていれば不満が募って当たり前です。いわば、「働かないおじさん」というネーミングは、会社への不満をぶつける最良の手段となっている。そう思えてなりません。

私はこれまで900人以上のビジネスパーソンをインタビューしてきましたが、「50歳をすぎたらやる気が失せた」なんて人は1人もいませんでした。「まだやるべきことがある、終われない終わりたくない」という人がほとんどです。競争心も衰えてませんし、昇進意欲を持っている人たちもいました。

これまで行われたシニア社員を対象とする調査でも、同様の傾向が認められています。

例えば、労働政策研究機構の調査では、昇進意欲は年齢と共に低下するものの、50代後半でも男性全体で22%と5人に1人、60代前半でも11.3%が「昇進意欲あり」と回答し、「定年まで働く意欲のある人」の方が、昇進意欲が高いという結果が出ているのです。

つまり、「定年まで会社にいる」=「会社にしがみついてる」わけじゃない。大和さんがそうだったように、やる気があるからこそ、会社に残る選択をする人も存在するのです。

「働かないおじさん」を生む環境

もちろん、役職定年などをきっかけに、自ら「働かないおじさん化」する人がいることは否定しません。

「今まで会社のためにがんばってきたんだから、あとは楽させてもらうよ~」などと平然と言い放つ人は、いまだにご健在です。

最初は「腐らずに頑張ろう」と考えていた人たちの中にも、「自分のスキルを生かそうと張り切っていたのに、誰からも期待されない」「賃金が下がることは分かっていたけど、実際に働いてみると低すぎる」「権限が一つもない」と現実に失望し、「気軽に仕事をするようになった」「仕事に長期的な見通しをもたなくなった」「思い責任を伴う仕事は後輩に任せるようになった」など、率先して「働かないおじさん化」する人たちもいます。

人は自分の意思で行動し、発言しても「それが何の役にも立たない、それでも、そこで生きるしかない」という状況になった時、“群衆の中に消えようとする”。リストラ候補にならないために、目立たず、害にもならないようにしようという心理が働いてしまうのです。

しかし、そういう人たちでも、「このままで終わりたくない」という葛藤を抱えている、シニア社員の心情は極めて複雑です。彼らは後進に役職をゆずるべき、という年長者として思いと、それでも働き続けなければならない現実、まだまだ働きたいという欲求、そして、会社からはセカンドキャリアと称した圧をかけられる。

なぜ、会社は彼らが秘める「思い」をないがしろにするのか?

あるがままの現実を鑑みれば、「50代はコスパが悪い」などと排除してうまくいくわけありません。

20年後の労働力は……

いわずもがな、今の日本は超高齢社会です。40歳以上が労働力の6割強を占めているのに、働き方・働かせ方のスタンダードは変わっていません。

2009年~21年までの12年間で、60歳以上の従業員は2倍に増えました。65歳以上に限ると3.2倍。全体では1.2倍なのに、65歳以上は320%と爆増しています。

4月1日現在、15歳未満の子どもは1465万人で、前年より25万人も減少し、全人口に占める割合はたったの11.7%です。年齢階層別では、12~14歳が323万人、0~2歳は251万人と、若くなるほど少ない。

0~2歳の子どもたちの多くが新卒社会人になる20年後、今の50歳は70歳、40歳はまだ60歳です。そう、まだ60歳。“働く余力”が十分にある年齢です。

人口減少によって労働力不足は、ますます深刻になります。30年には644万人が不足するとの試算もある。これは「人手不足」という4文字が連日連夜、新聞誌面などに掲載され続けた19年の4.6倍に相当します。

この現実を企業側は分かっているのでしょうか。

目の前の「人」をないがしろにして、会社が回るわけない。

「昭和のカタチ」にとらわれた経営者

そもそも、「働かないおじさん」を生んだのは、経営者の怠慢。高度成長期の成功にとらわれ、「昭和のカタチ」に安寧し続けたことが原因です。

人口構成がピラミッド型で、世界的に経済成長している時代だったからこそ、新卒一括採用で「色のついてない若者」を入社させ、同期内競争という椅子取りゲームをさせ、年功序列で管理職に昇進させるシステムが機能しました。

本来であれば、世界的に産業構造の変革が求められた1990年代に、会社の組織構造も変える必要があった。なのに、「何か変えなきゃ」という焦りは、文化も組織の成り立ちも違う米国産の「成果主義」を中途半端に取り入れ、コストを削減するという愚策に向かいました。

2000年代に入ってからは、「グローバル化」「グローバル人材」を合言葉に、「英語が話せる社員を優遇」した結果、仕事のできない英語屋を量産させる結果になった。これらの延長線上にあるのが早期退職の拡大です。

「働かないおじさん」ブームに乗ってシニア社員=やる気がないと見下す行為は、「人=コスト」を切ることを経営と勘違いしている、残念な経営者を喜ばせるだけです。

50歳を過ぎた社員を用済み扱いすれば、40代の社員も「どうせあと数年でポイされる」とやる気を失います。

社員のリストラに走った企業が、数年後には潰れたり、買収されたり、不正が発覚したるするケースが多いのはなぜか。それは、「リストラ」という行為が、リストラされた人たち以上に、リストラされなかった人たちにネガティブな影響を与える、いわば「会社の自殺」行為だからです。

そして、50代の会社員たちには、自ら「働かないおじさん」にならないように、「働かないおじさん、上等だぜ!」くらいの気概でふんばってほしいです。

河合薫氏のプロフィール:

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。千葉大学教育学部を卒業後、全日本空輸に入社。気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに出演。その後、東京大学大学院医学系研究科に進学し、現在に至る。

研究テーマは「人の働き方は環境がつくる」。フィールドワークとして600人超のビジネスマンをインタビュー。著書に『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアシリーズ)など。近著は『残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実』(PHP新書)、『面倒くさい女たち』(中公新書ラクレ)、『他人の足を引っぱる男たち』(日経プレミアシリーズ)、『定年後からの孤独入門』(SB新書)、『コロナショックと昭和おじさん社会』(日経プレミアシリーズ)『THE HOPE 50歳はどこへ消えた? 半径3メートルの幸福論』(プレジデント社)がある。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信