3Dアクションゲームで認知機能検査も 秘密裏の測定に警戒感

京都大学とIT企業のBonBonによる共同研究チームは、3Dアクションゲームなどの「複雑なゲーム」を使って認知機能を多面的に測ることが可能だとする論文を発表した。研究が進めば、従来の方法では検査することが難しい子供や通院が困難な人の認知機能の状態を評価できる可能性があるという。

Getty Images(画像はイメージです)
Getty Images(画像はイメージです)

見る、動く、道具を使うなどの動作を並行して行うゲーム内での行動と、日常生活での行動は構造が似ている。こうした類似点に着目し、ビデオゲームを使って、日常生活における認知機能の状態を計測する研究はこれまでも行われてきた。一方、ビデオゲームから得られるデータは、ゲームの上手さという認知機能と無関係な要素の影響を受ける可能性があり、純粋な認知機能のデータを得ることは難しいとされてきた。このためゲームを使った認知機能の測定では、ゲームの上手さが影響しないほど単純な1つの認知機能しか使わないゲームを用いるなどの手法が主流だった。

今回、京大とBonBonの研究チームはより日常生活での行動に近い複雑なゲームで認知機能を詳細に測定できるかを調べるため、20代から70代の158人を対象にした実験を企画。BonBonが開発中だった3人称視点の3Dアクションゲーム「Potion」を遊んでもらうとともに、米ペンシルベニア大学が運営するサービスによる電子版認知機能検査を受けてもらった。

研究では、敵キャラクターに見つからないように草むらに隠れる行動をとった頻度といった「ゲーム内での特定の要素」と、認知機能検査における複数の図形を示してから次に表示される図形を当ててもらうテストでの正答率などの「電子認知機能検査のスコア」が連動しているかを分析。また、ゲームが好きかどうかや、指の動きがどれだけ俊敏かなどについても調査し、ゲームへの慣れが実験データに及ぼす影響を取り除いた。

その結果、草むらを使って敵から隠れるゲーム内の行動と、抽象的思考を測る検査項目の間に相関関係が確認されるといった結果が得られた。ゲーム内の要素と、設計上関連があってもおかしくない認知機能検査のスコアとの相関関係が分かったことが重要な発見だったという。また、年代によって傾向が異なることも分かった。

研究チームは「市販のゲームに見られるような複雑なエンターテイメント性と認知機能検査に見られるような要素の切り分けはデザイン・設計次第では両立可能である」とまとめている。ゲームを使った認知機能測定技術の進歩は、検査が難しい子供の認知機能の数値化や、長期の取り組みが必要な認知機能のモニタリングに役立つ可能性があるという。その一方で、ゲームを遊んだ人の認知機能を、企業や団体が秘密裏に測定する恐れについても議論していく必要があると指摘している。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  3. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗