政治評論家・鈴木棟一さん死去、82歳 政財官界に幅広い人脈、危機感乏しい日本政治にゲキ 夕刊フジで「風雲永田町」連載6810回

ZAKZAK
政治評論家の鈴木棟一氏
政治評論家の鈴木棟一氏

政治評論家の鈴木棟一(すずき・とういち)氏が11日、死去したことが分かった。82歳。政財官界に幅広い人脈を持ち、舌鋒(ぜっぽう)鋭い論評で知られた。1993年から夕刊フジで連載した「風雲永田町」は6810回を数える名物コラムだった。

鈴木氏は39年、東京都生まれ。早大政経学部卒業後、毎日新聞社に入社した。政治部で首相官邸や自民党、外務省を担当し、編集委員などの要職を歴任。与野党に幅広い人脈を築いた。

91年に退社すると、政治評論家として独立し、政局を鋭くえぐる論評を展開した。夕刊フジでも、自民党の宮沢喜一政権末期だった93年4月5日発行号から「風雲永田町」の連載をスタート。権謀術数の渦巻く永田町の実情を読者に分かりやすく伝えてきた。

永田町の首相官邸近くにオフィスを構え、「生涯現役」をモットーに精力的に取材にあたり、政界のキーマンらを講師に招く勉強会「永田町社稷会」も主催した。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン