浪速風

広告塔の責任

産経ニュース

屋外広告物法の目的の一つに「公衆に対する危害を防止する」ことがある。看板や広告塔などの構造に不備があれば、倒壊、落下してけが人を出しかねない。同法に基づいて都道府県などが条例を制定し、目を光らせている。場合によっては、行政が取り外して廃棄することも可能だ

▶広告塔になったのではないか―と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体との接点を持っていた政治家に厳しい視線が向けられた。大した付き合いではなかった、団体の素性をよく知らなかった、などと釈明している。が、どうもすっきりしない

▶岸田文雄首相は、自民党所属議員に旧統一教会との関係を「点検」し「適正に見直す」よう指示した。ただ縁を切っておしまい、ではなく、そこから踏み込めないものだろうか。信教の自由は尊重すべきだが「公衆に対する危害を防止する」ことも大切だ。接点があった政治家はぜひ、その方策を考えてもらいたい。

  1. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  2. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も