大谷翔平の104年ぶり快挙を米メディアも絶賛「大谷の活躍でルースやイチローの名前が出るのは素晴らしい夜」

サンスポ
大谷翔平
大谷翔平

アスレチックス1-5エンゼルス(9日、オークランド)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(28)は「2番・投手兼DH」で投打同時出場の「リアル二刀流」に臨み、6回4安打無失点、5三振でメジャー自己最多の10勝目(7敗)を挙げ、1918年のベーブ・ルース(13勝、11本塁打)以来、104年ぶりとなる同一シーズンでの「2桁勝利、2桁本塁打」の偉業を達成した。打者では4-0の七回に5戦ぶりとなる25号ソロを右越えに放つなど3打数2安打1打点だった。

大谷の104年ぶりの快挙に米メディアも賛辞を贈った。エンゼルスの地元紙オレンジカウンティー・レジスターのジェフ・フレッチャー記者は「あなた(大谷)のパフォーマンスによってベーブ・ルースとイチローの名前が同時に出るときは、決まってエンゼルスにとって素晴らしい夜になる」と投打で大記録を達成した大谷をたたえた。同記者は大谷が10勝にリーチをかけて臨んだ過去3登板で「エンゼルスは1点しか挙げることができなかった」とチームが下位に沈む中、打線の援護に恵まれなかったことにも言及。大谷の投打にわたる活躍が、チームの勝利に直結したと伝えた。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者