コロナ重症化防ぐ〝切り札〟4回目接種が必要なワケ 専門家が語る「ウイルスとの戦争」

ZAKZAK
ワクチンの4回目接種を受ける看護師(中央)
ワクチンの4回目接種を受ける看護師(中央)

新型コロナウイルスの感染「第7波」は高止まりが続いている。60歳以上や基礎疾患のある人、医療従事者にワクチンの4回目接種が行われているが、副反応を敬遠してか、接種率は十分に上がっていない。4回目の接種は感染や重症化を防ぐ切り札になるのか、徹底検証した。

首相官邸のウェブサイトによると、ワクチンの4回目接種率は、高齢者の3割強、3回目接種から5カ月経過した60歳以上の対象者に限っても5割強にとどまっている。

海外では4回目接種に関する効果の研究が出始めている。イスラエル保健省が2万9611人を対象とした研究では、3回目接種の人の感染率は19・8%だったのに対し、4回目は6・9%だった。

日本の医療現場でもワクチン接種の効果が出ているという。

浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫医師は「1年前は重症患者が多く、高濃度の酸素を投入する治療機器『ネーザルハイフロー』が不足していたが、今は使用する人も少ない。コロナ病棟は高齢者病棟とほぼ同じ状況になり、もともとコロナ以外の病気での重症患者で偶然陽性になった人がほとんどを占める。3回目接種が奏功している」とみる。

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意