コロナ重症化防ぐ〝切り札〟4回目接種が必要なワケ 専門家が語る「ウイルスとの戦争」

ZAKZAK

新型コロナウイルスの感染「第7波」は高止まりが続いている。60歳以上や基礎疾患のある人、医療従事者にワクチンの4回目接種が行われているが、副反応を敬遠してか、接種率は十分に上がっていない。4回目の接種は感染や重症化を防ぐ切り札になるのか、徹底検証した。

首相官邸のウェブサイトによると、ワクチンの4回目接種率は、高齢者の3割強、3回目接種から5カ月経過した60歳以上の対象者に限っても5割強にとどまっている。

海外では4回目接種に関する効果の研究が出始めている。イスラエル保健省が2万9611人を対象とした研究では、3回目接種の人の感染率は19・8%だったのに対し、4回目は6・9%だった。

日本の医療現場でもワクチン接種の効果が出ているという。

浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫医師は「1年前は重症患者が多く、高濃度の酸素を投入する治療機器『ネーザルハイフロー』が不足していたが、今は使用する人も少ない。コロナ病棟は高齢者病棟とほぼ同じ状況になり、もともとコロナ以外の病気での重症患者で偶然陽性になった人がほとんどを占める。3回目接種が奏功している」とみる。

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. 俳優の志垣太郎さんが3月に死去していた 70歳 急な体調不良による心不全で 長男が報告

  3. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳