〝ザル警備〟改めて露呈 安倍元首相銃撃、山上容疑者「あそこから行けたのでやった」 演説開始の約1時間半前に現場付近に到着か

ZAKZAK
安倍元首相の背後に立つ山上容疑者(右奥)=7月8日、奈良市
安倍元首相の背後に立つ山上容疑者(右奥)=7月8日、奈良市

安倍晋三元首相が奈良市で演説中に銃撃されて死亡した事件で、山上徹也容疑者(41)が「あそこ(安倍氏の背後)から行けたのでやった」などと供述していることが分かった。9日付産経新聞が報じた。山上容疑者が現場を訪れ、背後の警護が手薄だと確認できたことから銃撃に及んだ可能性がある。「ザル警護」ぶりが改めて浮かび上がった。

安倍氏は7月8日、ガードレールに四方を囲まれた狭いエリアで演説中に山上容疑者に手製の銃で撃たれた。

警察庁によると、ガードレール内には、警視庁のSPを含め4人の警護員が配置されていた。奈良県警の警護計画では、うち1人はガードレールの外側で安倍氏の後方を警戒することになっていたが、警護員の安全確保のためガードレール内に配置を変更。さらに警戒方向も安倍氏の前方に変えていたという。

  1. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  2. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  4. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も