8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

イザ!
比嘉暢子(黒島結菜)と姉の石川良子(川口春奈) (C)NHK
比嘉暢子(黒島結菜)と姉の石川良子(川口春奈) (C)NHK

女優の黒島結菜が主演を務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土 BSプレミアム・前7時半、総合・前8時)。これまでの流れを振り返りながら、8日から始まる第18週のあらすじを紹介する。

沖縄出身の主人公、比嘉暢子(黒島)と、そのきょうだいたちの姿を描く同作。タイトルは沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

沖縄が本土復帰した1972年、西洋料理の料理人になることを目指して上京した暢子は、大叔母の大城房子(原田美枝子)が経営する銀座の一流レストラン「アッラ・フォンターナ」で働き始め、子供の頃、地元やんばるで楽しい時間を過ごした青柳和彦(宮沢氷魚)と再会した。2人は横浜・鶴見に下宿。いつしかお互いを意識するようになり、和彦は結婚目前だった恋人と別れ、暢子に告白した。暢子も悔いのない人生を送るため、和彦との結婚を決意。だが、和彦の母、重子(鈴木保奈美)がこの話に猛反対し、頑固な母に和彦は説得を諦めかけるが、暢子は得意の料理で懐柔しようと努めた。

第17週「あのとき食べたラフテーの」(第81~85話)では、房子と、暢子が世話になっている沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)が、家柄の違いで周囲から反対され結婚を断念していた過去が明らかになった。三郎は見合いで結婚、房子も手切れ金を受け取って姿を消したことから、2人はそれぞれ負い目を感じていた。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  5. 【球界ここだけの話(2792)】ヤクルト・村上宗隆の大活躍を予言していた男が広島にいた