阪神・糸原が二塁で超絶プレー!! リプレー検証で判定が覆り、勝ち越しピンチを救う

サンスポ
七回、グラブトスで二塁封殺に成功した阪神・糸原=マツダスタジアム(撮影・中島信生)
七回、グラブトスで二塁封殺に成功した阪神・糸原=マツダスタジアム(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、広島―阪神、18回戦、7日、マツダ)阪神・糸原健斗内野手(29)が二塁の守備でビッグプレーを見せ、勝ち越しのピンチを救った。七回だ。4番手で登板した岩貞が二塁打と四球で1死一、二塁のピンチを招く。西川が二遊間を抜けそうな打球を放ったが、ここで二塁手・糸原が横っ跳びで好捕し、すぐさま二塁へグラブトスした。判定はセーフとなり、矢野監督がリプレー検証を要求。数分間の協議の末、判定が覆り、二塁アウト。2死一、三塁で試合が再開されると、岩貞は小園を二直に仕留めて絶体絶命の危機を脱した。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗