天皇ご一家、ご黙禱 広島原爆の日に当たり

産経ニュース

宮内庁によると、天皇、皇后両陛下は6日午前、広島の原爆の日に当たり、長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともに皇居・御所で黙禱(もくとう)された。上皇ご夫妻も同日、赤坂御用地にあるお住まいの仙洞(せんとう)御所(東京都港区)で、広島市で開かれた式典の様子をテレビで見守りながら、黙禱されたという。

上皇ご夫妻は広島の原爆の日のほか、沖縄での組織的戦闘が終結したとされる慰霊の日(6月23日)、長崎へ原爆が投下された日(8月9日)、終戦の日(同15日)を「忘れてはならない」4つの日とし、毎年欠かさず黙禱されてきた。両陛下も皇太子同妃時代から4つの日に黙禱をささげられている。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図