金門島にドローン7機 中国か、馬祖列島でも

産経ニュース
中国のTB001偵察・攻撃型無人機=7月25日(防衛省提供)
中国のTB001偵察・攻撃型無人機=7月25日(防衛省提供)

台湾国防部(国防省に相当)は6日、中国福建省に近い台湾の金門島に5日夜、所属不明のドローン7機が飛来したと発表した。台湾の離島、馬祖列島でもドローンの飛行を確認した。中国が実施している大規模演習の一環の可能性が高い。

国防部は飛行の状況を把握しているとした上で「引き続き監視を続け、厳戒態勢を維持する」と強調した。

金門島では3、4日の両日も所属不明の無人機の飛行が確認されている。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走