生徒会長が勝ち越し打 明豊が5年ぶりの夏勝利

産経ニュース
【明豊―樹徳】六回、右翼に勝ち越しの適時三塁打を放つ明豊の牧野=8月6日、甲子園(水島啓輔撮影)
【明豊―樹徳】六回、右翼に勝ち越しの適時三塁打を放つ明豊の牧野=8月6日、甲子園(水島啓輔撮影)

昨年は初戦で涙をのんだ明豊(大分)が終盤に樹徳(群馬)を突き放して7-3で勝ち、2回戦に進んだ。6日、甲子園球場で行われた全国高校野球選手権大会第1日の第2試合。勝ち越し打を放った牧野は「去年負けてしまったので、まず1勝と思っていた。先を見るのではなく、一戦一戦勝ち進んでいきたい」と力を込めた。

一回に幸先よく3点を先制しながら勢いに乗り切れず、五回に3失点して同点。川崎監督は「追加点がなかなか取れそうで取れなくて嫌な流れだった」と振り返ったが、直後の六回に牧野が流れを引き寄せた。

1死二塁から右中間へ勝ち越し三塁打。二回は先頭で右飛、四回1死一塁では併殺に倒れていただけに「前の2打席で流れを壊すような打撃をしてしまった。何とかしたかった」と気合を結果につなげた。

殊勲の背番号4は、副主将で生徒会長。朝礼で全校生徒の前に立ってあいさつする仕事も担う。負担もありそうだが「楽しくやっています」と充実の表情を浮かべ「野球部には支援ももらっている。恩返ししていきたい」とさらなる活躍を誓った。

8強に進んだ2017年以来の勝利で、大分県勢としても5年ぶりの夏勝利。六回2死二、三塁のピンチも肩の故障で昨秋以来の登板となった2年生右腕の森山が抑え、投打がかみ合い自信を深める1勝となった。(大石豊佳)

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. ライジングサン、Vaundy欠場→代打・藤井風にファン胸熱「頼り甲斐あるアニキ」「ファン層を理解した上での代打」

  5. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス