6、7日も大雨の可能性 全国で湿った空気停滞、東北は来週も長雨か

産経ニュース

5日に北陸地方や西日本を見舞った記録的大雨は、その前日までに東北地方などを襲った大雨と同じメカニズムが原因の一つと考えられる。6日以降も大雨が降る可能性が指摘されており、引き続き警戒が必要となる。

3日から4日にかけ、気象庁は線状降水帯の発生を知らせる「顕著な大雨情報」を青森、秋田、山形、新潟、福井の5県で相次いで発表した。台風6号から変わった熱帯低気圧の水蒸気が、南に張り出した太平洋高気圧の縁を回り込んだ温かく湿った空気と合わさり、前線に流れ込んだ。オホーツク海付近にも高気圧があり、気圧の谷で前線が停滞した。

5日の福井県や滋賀県で発生した大雨も、水蒸気の残りが太平洋高気圧の縁を回り場所を移したことが原因とされる。一方で、中国地方などを襲った大雨は、大気中にとどまっていた湿った空気が日中の気温の上昇で対流を起こし、上空の寒気によって雲が発生、不安定な天気になったため生じたとみられる。

気象庁によると、6日と7日も大きな気圧配置の変化は見受けられず、すでに流れ込んだ湿った空気の影響で局地的な短時間の大雨をもたらす可能性がある。

来週は東北と北海道の日本海側に前線の停滞が予想され、量は不確実であるが長雨や大雨が考えられるという。気象庁の担当者は「今年の太平洋高気圧は、東西の張り出しは強いが、北への力が弱いため、東北で雨が降りやすい傾向がある」と話した。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP