Dr.ムトーの「転ばぬ教室」

転倒につながる3つの病気 70歳を過ぎたら無病息災よりも「一病息災」

ZAKZAK
70を過ぎたら、病気と向き合いながら、健康に留意するのも前向きな生き方のひとつだ
70を過ぎたら、病気と向き合いながら、健康に留意するのも前向きな生き方のひとつだ

持病が転倒につながることがあります。注意が必要な病気は数多くありますが、代表的なものとして、3つお話ししましょう。

というのは、病気は大きく3つに分けられるからです。運動機能が衰える病気、感覚機能が衰える病気、そして認知機能が衰える病気です。これら3つに、それぞれ代表選手がいます。

武藤芳照医師
武藤芳照医師

運動機能が衰える病気の代表が、「パーキンソン病」です。

パーキンソン病は、日本で難病に指定されている神経変性疾患のひとつです。手足のふるえ(振戦)、動作が少なく遅くなる(無動)、筋肉がこわばり手足が動かしにくくなる(筋強剛)などの症状が現れ、転びやすくなります。

ヒトラーがパーキンソン病だったことがよく知られています。症状が進行すると安静時に手が震えるため、メガネを持つなど工夫していたというエピソードが伝えられています。ヒトラーが実際に転倒したという史料は見たことはありませんが、彼によって国家と時代は転覆しました。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP