NHK朝ドラ「ちむどんどん」フォンターナの危機を救った三郎(片岡鶴太郎)に「めっちゃかっこよかった」「シベリアで一体何が〜」

イザ!
鶴見の沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)。(C)NHK
鶴見の沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第85話が5日、放送され、主人公の比嘉暢子(黒島結菜)が勤務する東京・銀座の高級レストラン「アッラ・フォンターナ」の最大のピンチを救った平良三郎(片岡鶴太郎)に、視聴者から賛辞が殺到した。

沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く「ちむどんどん」。タイトルは沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

沖縄県人会会長を務める三郎は沖縄二世で、「リトル・オキナワ」と呼ばれる横浜・鶴見に集まるウチナーンチュの兄貴分。いくつかの会社を持つ地域の顔でもあり、時に強面なボスの一面も見せる。困っている人を見ると手を差し伸べたくなる性格で、上京後、身寄りがなく行く先がなかった暢子に、沖縄居酒屋「あまゆ」の2階にある下宿を紹介。働き口としてフォンターナを世話したのも三郎だった。

第17週「あのとき食べたラフテーの」(第81~85話)では、盗まれたフォンターナの権利書が反社会的勢力の手に渡り、その親分、権田正造(利重剛)が、暢子の大叔母でレストランのオーナー、大城房子(原田美枝子)にこれを1000万円で買い取るよう要求した。房子は突っぱねたが、直後から嫌がらせが続き、客足が激減。臨時休業を強いられる状況にまで追い込まれたなか、権田の子分たちが再び店にやって来た。

この日の放送では、そんなフォンターナに三郎が姿を現し、チンピラたちに「権利書を置いてとっとと出ていきな」と告げた。子分たちが「誰だてめえ」と襲い掛かかると、そこに権田が登場。三郎の顔を見るなり、子分たちに「この店からぁ、手ぇ引く」と告げた。そして三郎を抱えて起こし、「平良さん、おケガはありませんか?」と気遣った。権田はシベリアで三郎に世話になったことを明かし、「平良さんは体を張って、多くの仲間を、私のことも守ってくださいました」と声を詰まらせながら感謝した。権田から、体を張って店を守ろうとした理由を聞かれた三郎は、暢子の顔を見つめながら「うちの娘が働いてる」。権田は「そうでしたか。そいつは失礼いたしました」と深々と頭を下げ、子分たちを引き連れて撤収した。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  5. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐