NHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週で暢子(黒島結菜)いよいよ結婚?予告のドレス姿が話題「楽しみ」「琉装はどした?」

イザ!
比嘉暢子(黒島結菜)。(C)NHK
比嘉暢子(黒島結菜)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第18週「しあわせのアンダンスー」(第86~90話、8~12日)の予告映像が5日、放送され、主人公、比嘉暢子(黒島結菜)のウエディングドレス姿に朝ドラファンの注目が集まった。

沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く「ちむどんどん」。タイトルは沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

高校卒業後、西洋料理の料理人になることを目指して沖縄から上京した暢子は、東京・銀座の高級イタリアン「アッラ・フォンターナ」に就職。修行を積むなかで、子供の頃、地元やんばるで出会った青柳和彦(宮沢氷魚)と東京で再会し、お互いを意識するようになり、結婚を誓った。しかし、和彦の母、重子(鈴木保奈美)は家柄や学歴の違いから大反対。昔から母とうまくいっていなかった和彦は説得を諦めかけるが、暢子は得意の料理で彼女を懐柔しようと努めた。

この日は第17週「あのとき食べたラフテーの」(第81~85話)の最終日。チンピラに店の権利書を奪われるという危機に陥ったフォンターナだったが、沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)が体を張って問題を解決した。三郎とフォンターナのオーナーで暢子の大叔母の大城房子(原田美枝子)はかつて恋仲で、結婚を約束した間柄だったが、三郎が実業家の御曹司だったこともあって周囲は反対。互いに思い合っていたが三郎は見合いで結婚、房子は手切れ金を受け取って三郎の前から姿を消した。そういった経緯から、三郎と房子はそれぞれ負い目を感じていた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月17日OA第93話あらすじ ビタミン剤を売るビジネスに賢秀(竜星涼)は疑問を抱き…

  2. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)がねずみ講に…優子(仲間由紀恵)巻き込む展開に視聴者悲鳴、和彦(宮沢氷魚)には「教えてあげないと!」の声

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…