NHK朝ドラ「ちむどんどん」フォンターナの危機を救うのは三郎(片岡鶴太郎)?「鶴の一声で解決」「裏社会のドンである説」

イザ!
鶴見の沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)。(C)NHK
鶴見の沖縄県人会会長、平良三郎(片岡鶴太郎)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第83話が3日、放送され、主人公の比嘉暢子(黒島結菜)が勤務する東京・銀座の高級レストラン「アッラ・フォンターナ」が最大のピンチに陥るなか、それを救うキーパーソンとして、片岡鶴太郎演じる平良三郎への期待がネットで高まっている。

沖縄料理に夢をかけるヒロインとそのきょうだいたちの姿を描く「ちむどんどん」。タイトルは沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

沖縄県人会会長を務める三郎は沖縄二世で、「リトル・オキナワ」と呼ばれる横浜・鶴見に集まるウチナーンチュの頼れる存在。いくつかの会社を持つ地域の顔でもあり、時に強面なボスの一面も見せる。上京後、身寄りがなく途方に暮れていた暢子に、沖縄居酒屋「あまゆ」の2階にある下宿を紹介し、フォンターナへの就職を取り計らったのも三郎だった。

ドラマは現在、第17週「あのとき食べたラフテーの」(第81~85話)が放送中で、売上金と一緒に盗まれたフォンターナの権利書を手に入れたチンピラの権田正造(利重剛)は、暢子の大叔母でフォンターナオーナーの大城房子(原田美枝子)に1000万円で買い取るよう要求。房子は毅然とした態度で対応して追い返したが、その後、店の前にゴミが散乱するなど執拗な嫌がらせが続くようになった。

フォンターナで権田一味による嫌がらせが日増しにエスカレートし、次第に客足が遠のくなか、料理長の二ツ橋光二(高嶋政伸)が店内で客を装ったチンピラと揉み合いになった。相手は告訴する構えで、責任を感じた二ツ橋は、店を守るため自身のことを解雇するよう房子に申し出た。房子はこれを拒否したが、臨時休業を決意。このままでは店が潰れてしまうと心配する暢子は、帰宅した際に思わず三郎に相談しそうになったが、婚約者の青柳和彦(宮沢氷魚)がわざと咳払いをしてこれを制止した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  3. 「セカンド冷凍庫」爆売れ、コロナ禍と“もう1つ”の背景

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図