仙台市、半旗掲揚を学校に依頼 安倍氏死去悼み

産経ニュース
仙台市役所
仙台市役所

参院選の街頭演説中に銃撃され死去した安倍晋三元首相を悼み、仙台市教育委員会が市立学校に半旗掲揚を依頼していたことが3日、分かった。憲政史上最長の政権を担い、同市を含む東日本大震災の被災地の復興に尽力した安倍氏に弔意を表すためだ。依頼には強制力はないが、教育基本法で禁じられる学校による政治的活動と半旗掲揚を結び付け、市の対応に反発する向きもある。

「半旗掲揚の強制に断固抗議する。内心の自由に関わる問題で、弔意の強制は思想・信条の自由の保障に抵触し、個人の内心を統制することにほかならない」

女性団体「新日本婦人の会宮城県本部」は3日、「半旗掲揚の強制に抗議する」とした要請文を郡和子市長らに提出した。

同市は安倍氏の死去が報じられた7月8日夜、市総務局を通じ、教育長など各部局に半旗掲揚の対応を依頼。令和元年11月に亡くなった中曽根康弘元首相の内閣と自民による「合同葬」などの際、国から半旗掲揚が求められたのにならった措置だという。

市教委は7月11日に市立小中学校や高校など計188校に対し、安倍氏の通夜が営まれる同日から、12日の葬儀まで半旗掲揚への協力を依頼した。依頼に強制力はない。

一方、地元紙は今月3日、市教委が半旗掲揚を学校側に求めていたと報じ、「自民党支持への誘導につながりかねない。『強制力はない』と説明しても、通知すれば学校側は掲揚を求められていると受け取る」と市の対応を懐疑的にみる専門家の発言を掲載した。

自民党の田村勝市議は「安倍氏は海外の評価も高く、半旗掲揚を巡る市の対応は当然だ」と強調する。ベテラン市議も「安倍氏は被災地への思いを肌で感じる政治家で、市が弔意を示すだけのことをされた。半旗掲揚の依頼を『余計なお世話』と感じる人もいるかもしれないが、強制力はなく、学校側の判断だから、依頼するくらいは許されるだろう」と語っている。(奥原慎平)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故