熱低起源の水蒸気で大雨 前線と低気圧に流入 東北大雨

産経ニュース
3日午後7時30分の新潟、山形両県の線状降水帯雨域(気象庁のホームページから)
3日午後7時30分の新潟、山形両県の線状降水帯雨域(気象庁のホームページから)

東北を中心に線状降水帯が次々と発生するなどした3日の大雨は、日本列島を移動する前線や低気圧に向かい、台風6号が消滅した後の熱帯低気圧を起源にした大量の暖かく湿った空気が流れ込んだことが要因となった。

気象庁によると、3日は日本海から北日本を通って太平洋へ延びる前線がゆっくりと南下し、前線上の低気圧が東北を通過した。

朝鮮半島西の黄海で1日に台風6号から変わった熱帯低気圧を起源とする水蒸気が列島の西に残っており、これが南の高気圧の縁を回り込んだ暖湿気と合わさって、前線や低気圧に向かって流入した。急速に大気の状態が不安定になり、東北の日本海側や新潟県で積乱雲を発達させ、線状降水帯の形成につながった。

前線は4日にかけ、東日本や西日本まで、ゆっくりと南下する見込み。引き続き前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、東北から西日本では、大気の状態が非常に不安定となるとみられる。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終