裁判官感染で期日取り消し 訴訟や審判16件、高松高裁

産経ニュース

高松高裁は2日、同じ民事部に所属する40~60代の裁判官4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。7月29日~8月5日に予定されていた民事訴訟15件と家事審判1件の計16件の期日を取り消した。6日以降は状況を見て検討する。

高松高裁の一原友彦事務局長は「基本的な感染対策が取れていなかった部分があり、大変遺憾だ」とコメントした。

高裁によると、裁判官4人は同じ執務室で勤務。うち1人が7月27日、体調不良を自覚しながら登庁し高松市内の飲食店で他3人と一緒に昼食を取った。4人は28~29日に感染が判明した。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…