フィリピンのラモス元大統領死去 マルコス独裁政権打倒に貢献

産経ニュース
フィデル・ラモス氏
フィデル・ラモス氏

【シンガポール=森浩】フィリピンのフィデル・ラモス元大統領が31日、死去した。94歳だった。同国大統領府が発表した。地元メディアによると、新型コロナウイルスに感染し、入院していたという。

ラモス氏は北部パンガシナン州出身。米陸軍士官学校を卒業後、フィリピン軍に入隊し、軍のエリートコースを歩んだ。参謀総長代行だった1986年、当時のエンリレ国防相とともにマルコス独裁政権に反旗を翻し、ピープルパワー(民衆の力)政変による同政権崩壊の立役者となった。

92年大統領選にコラソン・アキノ大統領(当時)の後継者として出馬し、当選した。任期中はインフラ整備や外資誘致を進め、「アジアの病人」といわれるほど低迷した経済の立て直しに取り組んだ。

98年に大統領を退任した後も、2016年の大統領選では南部ダバオ市長だったドゥテルテ氏に出馬を促すなど、政界で一定の影響力を保った。

  1. 残り4話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月27日OA第122話あらすじ 房子(原田美枝子)がやんばるにやってきた目的は…

  2. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」比嘉家で食堂オープン!?暢子(黒島結菜)の夢に視聴者の声は?

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?