ついに貯金1や! 阪神・ロドリゲス1号で後半戦快幕

サンスポ
四回、1号ソロ本塁打を放つ阪神・アデルリン・ロドリゲス=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
四回、1号ソロ本塁打を放つ阪神・アデルリン・ロドリゲス=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

(セ・リーグ、阪神6-0ヤクルト、14回戦、ヤクルト8勝6敗、29日、甲子園)プロ野球の後半戦が開幕し、阪神は6-0で首位ヤクルトに快勝。4連勝で今季初めて貯金1とし、燕との差を10ゲームに縮めた。新外国人アデルリン・ロドリゲス内野手(30)が待望の1号ソロと適時打で計2打点と活躍。ヤクルトの優勝へのマジックナンバーも消滅した。猛虎の真夏の猛逆襲がアツい!

逆襲の使者が来日4試合&10打席目で魅せた。甲子園の夜空に舞い上がった打球が左翼スタンドに着弾したのを見届けると、ロドリゲスはゆっくりと歩き出した。首位の燕軍団を打ち落とす一撃は虎初アーチだ。

「前の打席(一回)で三振したので、修正したいなという思いでいきました。ファンの人は毎日応援に来てくださるので、その前でホームランを打てて、チームも勝ててうれしい」

3-0の四回先頭での打席だった。カウント1-2からの4球目。今季3戦2敗と苦手にしていた燕のエース小川のスライダーを振り抜いた。日本ではオリックス時代の2020年9月24日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)以来の一発だ。

直前の四回、西勇の送球を走りながらキャッチするも一塁ベースを踏みそこない、初エラーを記録。ミスをバットで取り返した。パワーだけでない。大山の一発が飛び出した八回、なおも無死二塁で5番手・今野のカットボールをすくいあげて左前へ。技ありの適時打だった。

今月8日に来日。チームに溶け込むのは早かった。いじられるのはトレードマークの長く伸びたあごひげだ。「別に験担ぎとかじゃないけど、ひげがないとちょっとブサイクなんですよ(笑)」。20年にオリックスでプレーしていただけに、日本野球への順応性も抜群だった。

22日のDeNA戦(甲子園)で代打出場し、2点二塁打を放って虎デビュー戦で勝利のお立ち台に。副賞のトラッキーのぬいぐるみを手にして「(子供が3人で)あと2個はゲットしないと平等にならないから」と笑わせた。出場4試合目で早くも2個目をゲットし、打率・417(12打数5安打)、1本塁打、5打点。7番に強打者ロドリゲスがいる。頼もしい限りだ。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」