書道文化を未来へ 「産経ジュニア書道」埼玉県知事賞・須永直美さん(14)

産経ニュース
埼玉県知事賞に輝いた須永直美さん。自然が豊かな故郷で書道に携わり続けたいと夢を描く=埼玉県行田市(星直人撮影)
埼玉県知事賞に輝いた須永直美さん。自然が豊かな故郷で書道に携わり続けたいと夢を描く=埼玉県行田市(星直人撮影)

小中高生らを対象にした「2022産経ジュニア書道コンクール」(産経国際書会ほか主催)で、埼玉県行田市立見沼中2年の須永直美さん(14)が同県知事賞に輝いた。生まれ育った行田市で将来も書道に携わり続けたいと夢を描く須永さんは「書道文化を未来へ継承していきたい」と意気込む。

小学3年のときに学校の授業がきっかけで書道に興味を抱いた。行田市内で書道教室を開いている秋山紫翠(しすい)氏の体験講座に参加し、書道は楽しいと感じて入塾を決めた。

秋山氏によると、須永さんは納得がいくまで筆を置かない性格で「周囲に左右されることなく黙々と書道に打ち込んできた」。入塾当初から傑出した技能を持っていたわけではなく、地道な努力を重ねることで腕を磨いてきたのだという。

埼玉県知事賞を受賞した須永直美さんの作品
埼玉県知事賞を受賞した須永直美さんの作品

書道以外の活動にも積極的に取り組み、中学ではソフトテニス部の部長を務める。書道を専攻できる高校への進学が当面の目標だ。

座右の銘は「一念通天」。受賞が決まったことを受けて「努力すれば目標を達成できると学んだ」と表情をほころばせた。(星直人)

産経ジュニア書道コンクールの展覧会は8月14~21日に東京都美術館(東京都台東区)で開催される。15日は休館。入場無料。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. 本当にギリギリセーフ? テレ朝・小川彩佳アナブチ切れ 財務次官セクハラ疑惑報道

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 【一問一答】渋野日向子は通算9アンダーの3位「すごく悔しい」/全英女子OP