安倍元首相銃撃、山上容疑者の「模倣犯」を生む危険な風潮 「英雄」「シンパシー」とSNSには共感の声 「無敵の人」を減らす取り組み必要

ZAKZAK
安倍晋三元首相銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者
安倍晋三元首相銃撃事件で逮捕された山上徹也容疑者

安倍晋三元首相が凶弾に倒れた事件から29日で3週間となった。民主主義の根幹を揺るがす蛮行だが、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に関する情報が出てくるにつれ、山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=への同情にとどまらず、SNSでは共感を示す声もある。専門家はこうした傾向が模倣犯を出現させる危険性があると警鐘を鳴らす。

山上容疑者をめぐっては、母親が旧統一教会に入信したことで実家が破産し、進学を断念した経緯などが明かされた。だが、教団の友好団体にメッセージを送った安倍氏を狙ったという動機には飛躍があり、犯行を正当化するものは何もない。

ところがSNSの一部では「(境遇に)シンパシーを覚えてしまう」など同情的な声や、「英雄だ」との称賛、「塩顔でかっこいい」とアイドル視するかのような投稿も。まだ起訴もされていないのに「減刑署名」まで行われている。

立正大学の小宮信夫教授(犯罪学)は、「潜在的に社会に不平不満を抱える人物が、事件を起こして不満を晴らす価値観を学習してしまう恐れがある。特にSNSでは自分が見たい情報を優先的に取り込む傾向があるので、山上容疑者に共感を持つ人物同士がコミュニティーを作る可能性がある」と分析する。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病