「将棋の奥深さ感じた」 藤井叡王就位式

産経ニュース
将棋の第7期叡王就位式で、就位状を手にする藤井聡太叡王=28日午後、東京都港区の明治記念館(酒巻俊介撮影)
将棋の第7期叡王就位式で、就位状を手にする藤井聡太叡王=28日午後、東京都港区の明治記念館(酒巻俊介撮影)

将棋の第7期叡王戦五番勝負で2連覇を果たした藤井聡太叡王(20)=棋聖・竜王・王位・王将=の叡王就位式が28日、東京都港区で行われた。

藤井叡王は5月、タイトル初挑戦の出口若武(わかむ)六段(27)を3連勝で下し、初防衛に成功した。

藤井叡王はこの日、黒紋付き羽織はかま姿で登壇。主催の不二家や日本将棋連盟から就位状や賞杯などが贈られた。謝辞に立った藤井叡王は「初めて自分より後に棋士になった方とのタイトル戦で、新鮮な気持ちで臨めた。改めて将棋の奥深さ、自分の課題を感じたシリーズとなった。今期の経験を生かし、より良い将棋が指せるよう精進したい」などと語った。

その後、20歳になったばかりの藤井叡王は取材に応じ、「お祝いの酒を楽しみたいか」との質問に、「しばらくは、たしなむくらいにしたい」と話した。また、家事を両親に頼ってしまっていたことにも触れ、「少しは自分なりにできれば。まずはアイロンがけから」と笑顔を見せた。

藤井叡王は叡王戦を皮切りに防衛戦が続き、第93期ヒューリック杯棋聖戦でも3連覇に成功。現在は第63期王位戦七番勝負で豊島将之九段(32)の挑戦を受けている。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、涙の土下座もネット「今度こそ改心して」「信用できない」更生のキーパーソンは清恵(佐津川愛美)?

  2. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  3. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス

  4. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月19日OA第95話あらすじ フォンターナを退職し開店準備に入った暢子(黒島結菜)、思い付いた店名は…

  5. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図