島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

サンスポ
清純派でデビューし、妖艶な大女優に成長後、国内外で活躍した島田さん。年を重ねてからは癒やしの魅力も放った=2010年撮影
清純派でデビューし、妖艶な大女優に成長後、国内外で活躍した島田さん。年を重ねてからは癒やしの魅力も放った=2010年撮影

映画「砂の器」や米ドラマ「将軍 SHOGUN」などで知られる女優、島田陽子(しまだ・ようこ、本名中村陽子=なかむら・ようこ)さんが25日午後0時57分、東京都内の病院で大腸がんによる多臓器不全で死去した。69歳だった。近く近親者のみで葬儀を行う。約3年前に大腸がんを患い、入退院を繰り返していた大女優は、6月下旬に入院。7月21日に大量出血後、23日には意識が混濁し、25日に帰らぬ人となった。後日、お別れの会を開催する。

世界で華々しく活躍した国際派女優が、世間に大病を明かさず、静かに息を引き取った。

取材に応じた関係者によると、島田さんは約3年前に大腸がんを発症。入退院を繰り返していたが、がんの進行が遅かったことから手術と抗がん剤投与をしない治療を選択し、6月下旬に検査などのために入院した。

今月21日には関係者にLINEで「大好きなハンバーグと黒ビールを食べたい」などと送り、元気な様子を伝えていたが、同日に患部周辺で大量出血。一時容体は安定も、23日には意識が混濁し、食事や会話をすることが困難に。25日午前に容体が急変し、病院からの連絡で30年来の仕事関係者らが駆けつけたが間に合わず、病院関係者に看取られ、旅立った。最後の公の場は昨年12月の映画イベントだった。

無言の対面を果たした同関係者は「りんとした島田さんらしい表情でした」と無念の表情。最後にお気に入りだった青色のストライプのロングドレスとベージュのカーディガンを着せたという。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  5. 【球界ここだけの話(2792)】ヤクルト・村上宗隆の大活躍を予言していた男が広島にいた