愛犬の食事と健康について、Buddycare社代表と対談!Vol.2

愛犬の食事や健康に関しては、まだまだ改善できることがたくさんあります。そう考えて愛犬のヘルスケア改善を目指すBuddycare社(バディケア)を設立した原田和寿(はらだかずひさ)さんにお話を伺いました。愛犬の食事にて気を付けること、Buddycareが販売する愛犬用のごはんBuddy FOOD(バディフード)のこだわりなど、2週に亘ってご紹介します。

・人物紹介

Buddycare株式会社 代表取締役CEO 原田和寿

長年愛犬と暮らすなかで、愛犬との1日をより大切にしていくために愛犬との「正しい暮らし方」を科学的に定義する必要があると痛感し、2021年4月にBuddycare株式会社を共同設立、代表取締役CEO就任。Buddycare設立前は、兼松(株)や丸紅(株)にて、財務経理、トレードビジネス、ベンチャー投資、新規事業開発、子会社CFO等を歴任。

九州大学大学院生物資源環境科学府修了、IE Business school MBA修了。

獣医師 岩切裕布

麻布大学獣医学部卒業後、動物病院勤務、療法食メーカー勤務を経て、yourmother合同会社を設立。栄養学に精通する獣医師として、日本初(yourmother社調べ)の完全オーダーメイド総合栄養食、療法食レシピ提供を行うサービス「DC one dish」を通じて、好みや、病気の状態によって細かく栄養調整を行い、うちの子だけのヒトサラをご案内。Buddy FOODをはじめとした企業とのレシピ共同開発実績も多数。( https://dconedish.com/ )

先週の対談をご覧になりたい方はコチラ!

https://www.iza.ne.jp/article/20220719-J5OJS7LYHBFWLD46ZHJOBRCAVY/

バディフードが考える“ヒューマングレード”とは? 人間の食品と同じ品質・安全性であることの重要性

岩切 さて、ここまではBuddy FOODがこだわる透明性についてご説明していただきました。もう一つバディフードがこだわっていることに、「ヒューマングレード」がありますね。ヒューマングレードという言葉には法的根拠がないため、あやふやなまま使用されているケースが多く見受けられます。原田さんはBuddy FOODを作り上げるにあたって「ヒューマングレード」をどう捉え、実現しているのでしょうか?

原田 先生がおっしゃる通り、「ヒューマングレード」という言葉が今一人歩きしているところもあって、色々な会社が色々な定義で使っているのが現状です。私たちは「ヒューマングレード」の使い方もAAFCO(米国飼料検査官協会)基準に可能な限り沿う様にしています。例えば食材について人間が食べられる基準のものであるのは当然です。バディフードは、皆様の食卓に並ぶ品質の食材しか使っていません。ただそれだけではなく、人間の食品と同じ安全・衛生基準で調理し、その後の輸送・販売に至る全ての工程で、バディフードは人の食品と同じ基準で取り扱われています。

岩切 「ヒューマングレードと謳っていても、結局人は食べることができないじゃないの!」と思う製品ばかりでしたが、Buddy FOODは本当に人が食べることができる、これはとても魅力的ですし、安心ですよね。原田さんがそこまで「ヒューマングレード」を厳格に満たそうとする理由はなんでしょうか?

原田 有名な話ですが、日本の法律上、ドッグフードは雑貨、つまり食べ物ではなく「モノ」なんですよね。なので、そのレベルの安全・衛生基準しか法律上では求められていないんです。愛犬のためのご飯を作ろうとしたとき、最初から頭にあったのは、家族である愛犬に、『家族にふさわしい食事を食べてほしい!』ということです。栄養バランスはもちろん一番重要ですが、口に入るものなので、安全であることも同じぐらい重要ですから、人の食品と同レベルの基準であるべきだと考えています。

岩切 本当に素晴らしいと思います。そんなバディフードの真面目なスタンスが、実際に評価もされていると感じます。フレッシュフードでは珍しく、Buddy FOODは日本全国複数の動物病院で紹介されていますよね。動物病院の先生方はまさに日々命と向き合っていますから、製品の安全性はもちろんのこと、Buddycareさんの動物と向き合う姿勢そのものを信頼してくださらないと、先生の口から製品を紹介してくださることはないと思います。Buddy FOODが全国の動物病院でご紹介いただける理由は、どこにあると思いますか?

原田 おかげさまで、既に約50の病院で紹介していただいておりますが、ご紹介いただける理由はやはり、科学的根拠に基づく製品開発や情報発信を徹底していることだと考えています。残念ながら結構緩い部分があるのがペット産業です。科学的根拠に基づかない情報発信や、病気が治る、寿命が延びるといった発信をしている会社も見かけます。こういった無責任な発信は、人の食べ物ではありえないことです。

Buddy FOODは、製品づくりや情報発信では、最善の注意を払って科学的根拠に基づくようにしています。製品づくりも、ちゃんと栄養学を専門とする岩切先生に協力していただいていますしね。やはり獣医師さんも、専門領域はあれど全ての領域に精通している訳ではありません。そのため、ご飯の開発に際しては、獣医師なら誰でも良いということではなく、栄養学を専門とする獣医師のご知見が必須だと考えています。そんなこだわりを丁寧にご説明して、草の根で50病院までお取り扱いを増やしてきました。今後も、『愛犬にフレッシュフードという新しい選択肢を』、という当社の気持ちにご賛同いただける動物病院さんを一つでも地道に増やしていきたいと考えています。年内に500病院まで拡大することを目標にしています。

岩切 科学的根拠にこだわっていただける点は、獣医師として深く共感できます。どうしてもペットの分野は、経験則やイメージで製品作りが先行してしまうケースもありました。でも獣医師として、何より科学的な根拠を拠り所とするべきだと思っていますし、Buddy FOODの理念、素晴らしいと思います。

バディフードは、“オールステージ“ではなく、“維持期専用”のごはん そこにも、愛犬たちのことを考えた末の強いこだわりが!

原田 岩切先生は、私たちのこのような理念にも強く共感していただき、とてもまっすぐに製品開発に携わっていただけるので、本当に良い方と巡り会えたなと思っています。例えば、岩切先生のアドバイスにより、Buddy FOODはオールステージ(全年齢対応型)ではなく、維持期(シニア犬を含む成長期を終えた全ての成犬)専用で作ることにしました。まさに栄養学を専門とし、強い理念をお持ちの岩切先生だからこそのアドバイスだと感じます。

岩切 AAFCOの基準において、成長期と維持期では異なる栄養価を定めているんですよね。例えば、成長期の子犬は、維持期の成犬よりも2~3倍のカルシウム・リン・ナトリウムを摂取する必要があるとされています。オールステージのフードは、「子犬用の栄養組成の食事だけれど、基準上は成犬にも与えて良しとされているから与えてしまいましょう」というごはんなんですよね。フードを作る会社にとってはごはんを1種類作るだけで済むので都合が良いですが、愛犬第一で考えたときには異なる選択肢もあると思っています。世の中の著名なプレミアムドッグフードの多くは、年齢ステージに合わせた栄養設計をしています。Buddy FOODも紛れもなくプレミアムなごはんですので、オールステージ食ではなく、維持期専用食として設計するよう原田さんに強くオススメしました。

原田 その節はありがとうございます。これは大変有り難いご提案でした。その結果、バディフードは成長期を終えた維持期の愛犬専用のごはんとして開発、販売に至りました。私たちの理念は徹底的に「全ては愛犬のために。」を追求することですから、お話を伺った後は維持期専用とすることに一切迷いはありませんでしたよ。

脂質制限が必要な子、おなかが弱い子のために、世界初※の低脂質な総合栄養フレッシュフードを作りたい そんな想いから新発売したバディフードの低脂質ごはん

Buddy FOOD Heathcare+シリーズ 低脂質チキン・ケア(実際の製品と、パッケージデザインや製品の色味が異なる場合があります)

原田 ところで話は変わりますが、岩切先生のおかげで、今年の7月と8月には、それぞれ全くあたらしい、機能性のあるフレッシュフードの販売も開始します。7月に発売した世界初の低脂質な総合栄養フレッシュフード「Buddy FOOD Heathcare+(バディフード ヘルスケアプラス)シリーズ 低脂質チキン・ケア」、早速多くのありがたい反響を頂いています。

何かを制限しないといけない愛犬たちのごはんとして、これまでは療法食が主な選択肢でした。でも、療法食はドライフードや缶のウェットフードが一般的で、加工工程が多く入っているため、中身が見えづらいごはんになってしまいますし、また一般的に強く熱をかけて作られますので、素材の風味や香りが弱まっているケースが多いです。そこで、素材の風味や香りが強く生きているフレッシュフードで、機能性のあるごはんが作れれば、というお声を、獣医師さんからも飼い主さんからも、多く頂戴していました。

そんなお声を受けて、この度バディフードから、新しい機能性フレッシュフードのブランドとして、Buddy FOOD Healthcare+を販売開始しました!低脂質チキン・ケアは、そのヘルスケアプラスブランドの第一号製品です。ちなみに、第2弾は8月に販売開始予定の早期腎臓サポートです。どちらも岩切先生方のご協力がなければ、実現できなかったごはんですね。

岩切 良かったです(笑)。フレッシュフードが、愛犬たちのより良い生活のために、新しい選択肢になると良いなと、常々思っています。低脂質ごはんはおなかの調子がすぐれない時に限らず、病気の兼ね合いで脂質を制限しなければならない時などの選択肢になると考えています。病気で脂質制限をされている場合には、必要に応じてかかりつけ動物病院様にご相談いただき、ご利用を検討していただけたら嬉しいです。

原田 低脂質な療法食は、味の重要な要素である脂肪が少ないために愛犬が食べてくれないというお悩みが特に多いんです。フレッシュフードであれば、脂質を減らしても、素材の自然な香り・風味・旨味による食いつきが期待できます。また、現在低脂質な療法食は輸入品が多くを占めており、なかなか手に入らず、転売などによる価格高騰も指摘されています。バディフードは国産ですので、輸入品よりも安定的に手に入りやすくなり、食いつきの点も含めて愛犬たちの新たな選択肢になればと思います。ちなみに、「バディフード 低脂質チキン・ケア」は、1000kcalあたりの脂質量が22.8グラムとなっています。一般的に販売されている低脂質な療法食は、脂質量が1,000kcalあたり20 グラム~25グラムとなっており、同等の水準を実現しました。

岩切 私の愛犬、空もBuddyFOODユーザーですが、是非BuddyFOODが気になっている皆さんのために購入方法をご説明いただけますか?

原田 はい、振っていただいてありがとうございます(笑)。Buddy FOODのウェブサイト(https://buddyfood.jp)からご購入可能です。または検索サイトで、「Buddy FOOD」や「バディフード」で検索してみてください。ご購入の前に、まずはワンちゃんにバディフードが合うのか、どれくらい食べたら良いのか、いくらぐらいかかるのか、ということを無料で診断しています。ぜひ、無料フード診断を試していただきたいです。

無料フード診断後に、ご購入いただくレシピを選択していただけます。オリジナルのバディフードも、ヘルスケアプラスも、どちらも選択できます。愛犬の好みや状況に合わせてご選択いただきたいです。

岩切 ありがとうございます。最後に、これからの展望などがあれば一言お願いします。

原田 飼い主としての「愛犬のごはんはこうであってほしい」という想いを形にしたのがバディフードです。愛犬にとってごはんの時間は、最も嬉しい時間の一つと言われています。Buddy FOODを通して、愛犬と家族にとっての、その大切な時間を、もっともっと大きな喜びにしていけるように、今後もより良いごはんをお届けしていきます。ご家族の皆様からの、「こういう製品も欲しい」というご要望、ぜひバディフードのWEBサイトからお寄せください。

※Buddycare調べ

  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も