不敗神話 長坂アナのすぽーつ見聞録

プロ意識高い中田英寿、インタビューの心得 心閉ざされるNGワード、曖昧な質問には必ずレッドカード

ZAKZAK
20歳でA代表デビューした中田=1997年5月22日
20歳でA代表デビューした中田=1997年5月22日

サッカーの実況アナウンサーとして鍛えてくれた1人が元日本代表の中田英寿(ヒデ)です。

20歳で初のA代表は、1997年5月21日の日韓戦(国立競技場)。鮮烈なデビュー戦でした。ベスト16で終わった2002年のW杯日韓大会まで、何度もインタビューを担当しましたが、20年たった今も忘れられない場面がたくさんあります。

中田英寿といえば「寡黙」で「冷静沈着」。そしてマスコミ嫌い。このイメージが定着していませんか? 私もはじめはそうだった。ところがインタビューを重ねていくと、むしろ、当時の選手の中でもおしゃべり好きで、そのほとんどが「あてはまらない」ということがわかりました。

ヒデにはNGワードがあった。「今の調子はどうですか?」という質問です。これを聞いた瞬間、心の扉が堅く閉ざされて怒りのスイッチが入る。そんな場面を何度も見ました。

「今の調子は?」と聞かれても「それはチーム? それとも自分自身ですか?」と、曖昧な質問には必ずレッドカードを突き付ける。プロならそこをちゃんと指摘して聞くべきだというのがヒデの考え。ざっくりした質問は大嫌いだった。質問の答えを切り取られて強調されることもNG。デビューの頃は20歳ですよ‼ プロ意識が徹底されていました。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑