「模擬原爆」の悲惨さ伝え続ける 大阪で追悼式

産経ニュース
「模擬原爆」犠牲者の追悼式で、当時を振り返る龍野繁子さん(左)=26日午前、大阪市東住吉区
「模擬原爆」犠牲者の追悼式で、当時を振り返る龍野繁子さん(左)=26日午前、大阪市東住吉区

原爆の投下実験として昭和20年7月、米軍が大阪市東住吉区に投下した「模擬原爆」の犠牲者の追悼式が26日、同区の恩楽寺で開かれた。当時を知る住民が惨状を振り返り、集まった参列者は平和への誓いを新たにした。

模擬原爆は、原爆を投下する操縦士が爆風などに巻き込まれずに飛行するための訓練として、終戦直前の20年7月から全国各地で計49発が投下され、400人以上が犠牲となった。26日朝には東住吉区田辺にも落とされ、7人が死亡。住民らは戦争の記憶を風化させまいと毎年この日に追悼式を開いている。

式では、投下時刻の午前9時26分ごろに参列者が黙禱(もくとう)した後、住民らが当時の体験を語った。当時4歳だった松本道明さん(81)はロシアのウクライナ侵攻に触れ、「当時の記憶がよみがえった。(恐怖で)体が震えた戦争の怖さをいまだに覚えている」と振り返った。姉の親友を亡くした龍野繁子さん(97)は「本当にむごいことを身近に体験した。争いのない世界になってほしい」と訴えた。

昨年に引き続き、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため会場の人数は約50人に制限。地元の小中学生らはオンラインで参加した。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病