民主活動家ら4人死刑執行 ミャンマー、国際批判必至 政治犯は76年以来

産経ニュース

ミャンマー国営メディアは25日、民主化指導者アウンサンスーチー氏=収監中=が率いた国民民主連盟(NLD)の元議員ら民主活動家2人を含む4人の死刑が執行されたと報じた。地元メディアによると、政治犯の死刑執行は1976年以来で、それ以外の死刑執行も90年から行われていなかった。

国連や米欧のほか、ミャンマーも加盟する東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国カンボジアのフン・セン首相らも死刑を執行しないよう求めていた。国際的な批判が高まるのは必至で、クーデターで全権を握った国軍の孤立が一層深まりそうだ。

死刑が執行された政治犯の2人は、スーチー氏の側近の一人だったピョーゼヤートー元議員と、著名民主活動家チョーミンユ氏。国軍が設置した軍事法廷は今年1月、武器を調達して行政関係者らの殺害をはじめとする「テロ行為」に関与したとして、死刑判決を言い渡していた。別の2人は女性に対する殺人罪に問われた。(共同)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故