NHK大河「鎌倉殿の13人」7月24日OA第28話あらすじ 頼家(金子大地)が13人衆をけん制

イザ!
失脚し、鎌倉を追われる梶原景時(中村獅童)と北条義時(小栗旬)。「鎌倉殿の13人」第28話より。(C)NHK
失脚し、鎌倉を追われる梶原景時(中村獅童)と北条義時(小栗旬)。「鎌倉殿の13人」第28話より。(C)NHK

鎌倉幕府の2代目執権、北条義時(小栗旬)を主人公に、伊豆地方の豪族の素朴な次男だった義時が最高権力者になるまでを描くNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(毎週日曜 BSプレミアム・午後6時~、NHK総合・午後8時~)。これまでの内容を振り返りながら、24日に放送される第28話のあらすじを紹介する。

第27話(17日放送)で、源頼朝(大泉洋)の死の報告を受けた後鳥羽上皇(尾上松也)は、死の真相を推理。そして跡継ぎが頼家(金子大地)と聞くと、「跡目はさぞ重かろう」と含みのある表情を見せた。

頼朝の烏帽子子、結城朝光(高橋侃)から琵琶を教わる実衣(宮澤エマ)。「鎌倉殿の13人」第28話より。(C)NH
頼朝の烏帽子子、結城朝光(高橋侃)から琵琶を教わる実衣(宮澤エマ)。「鎌倉殿の13人」第28話より。(C)NH

鎌倉では宿老たちを前に、新たに鎌倉殿となった頼家が頼朝を超えると所信表明。頼朝の側近で北条家のライバルでもある比企能員(佐藤二朗)が、2代目の判断が必要な時は必ず自分を通すようにと言い出すと、これに義時の父、時政(坂東彌十郎)がその役目を引き受けると反論し、2人が口論になった。頼家は、訴えは自分が聞くと述べ、これからは家柄でなく、実力のあるものを登用していくつもりだと宣言した。

頼朝に仕えていた梶原景時(中村獅童)は頼家を絶賛。能員たちを信じてはならないとくぎを刺した。その様子を政子(小池栄子)に報告した義時は、弟の時連(瀬戸康史)と愛息の頼時(坂口健太郎)を頼家のもとへ送り出した。

北条義時(小栗旬)。「鎌倉殿の13人」第28話より。(C)NHK

大量の訴えが寄せられ、頼家が戸惑うなか、義時は頼家の負担を軽くするため、訴訟関係は大江広元(栗原英雄)ら文官4人が評議を行い、頼家からの信頼が厚い景時が頼家に最終判断を仰ぐシステムを提案した。そこに能員や時政らも加わり、御家人が12人体制になるが、さらに政子が13人目として義時を指名した。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」10月7日OA第5話あらすじ 参加した校外学習で舞(浅田芭路)がケガ、めぐみ(永作博美)は…

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も