「デジタル遺品の整理」経験アリは20代が最多、整理したい内容は?

ITメディア
 MMD研究所が「デジタル遺品に関する調査」を実施
MMD研究所が「デジタル遺品に関する調査」を実施

MMD研究所は、「デジタル遺品に関する調査」を実施した。その結果、デジタル遺品の整理を「行ったことがある」のは20代が最多で、整理したい内容の1位は「オンライン口座やそのログイン情報」だった。

「デジタル遺品整理」40~70代の実施経験率は2.0%以下

自身のデジタル遺品整理を「行ったことがある」は2.6%、「行う予定がある」は12.0%、「行う予定はない」は85.5%。故人のデジタル遺品整理については、「行ったことがある」が3.4%、「行う予定がある」が5.4%、「行う予定はない」が91.2%となった。

 「デジタル遺品整理」の実施について(出典:プレスリリース、以下同)
「デジタル遺品整理」の実施について(出典:プレスリリース、以下同)

年代別では、自身のデジタル遺品整理を「行ったことがある」のは20代(n=652)が7.8%、「行う予定がある」のは70代(n=518)が15.3%、「行う予定はない」のは40代(n=922)が87.1%でそれぞれ最多となった。

自身の「デジタル遺品整理」の実施について

整理したい「デジタル遺品」

自身のデジタル遺品整理で実施した(したい)内容を聞いたところ、最も多いのは「ネット銀行・ネット証券・FXなどのオンライン口座やログイン情報」が55.9%。次いで「オンラインショッピング等に登録しているクレジットカード情報」が45.8%、「友人や知人のメールアドレスや電話番号などの連絡先」が45.4%と続いた。

自身のデジタル遺品整理で実施した(したい)内容
  1. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. ライジングサン、Vaundy欠場→代打・藤井風にファン胸熱「頼り甲斐あるアニキ」「ファン層を理解した上での代打」