母殺害で懲役8年6月判決 「認知症で嫌悪感」指摘 千葉地裁

産経ニュース
千葉地裁=千葉市中央区
千葉地裁=千葉市中央区

千葉県鎌ケ谷市の自宅で昨年4月、同居する母親を殺害したとして、殺人罪に問われた無職、奥脇和好被告(43)の裁判員裁判で、千葉地裁は22日、懲役8年6月(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

友重雅裕裁判長は判決理由で「疎ましく思っていた母が認知症となり、嫌悪感を募らせ突発的に殺害した」と非難した。

弁護側は、新型コロナウイルス禍で福祉サービスが滞り、母の介護で孤立を深めていたとして執行猶予付き判決を求めたが、判決は「献身的に介護をしていたとは言えず、短絡的な犯行だった」と指摘した。

判決によると、昨年4月10日、鎌ケ谷市内の自宅で、母きぬ江さん=当時(69)=の胸などをめがけ包丁を複数回突き出し、転倒させた後にバスタオルで鼻や口をふさいで窒息死させた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー