習志野、2年連続ベスト8進出 背番号10の古賀が公式戦初完投/千葉大会

サンスポ
習志野・古賀海音投手は2失点完投。チームにとって今大会初完投で、古賀自身にとってはうれしい公式戦初完投だった(撮影・山口泰弘)
習志野・古賀海音投手は2失点完投。チームにとって今大会初完投で、古賀自身にとってはうれしい公式戦初完投だった(撮影・山口泰弘)

第104回全国高校野球選手権大会千葉大会(21日、習志野6―2市原中央、柏の葉公園野球場) 今大会初登板初先発の習志野・古賀海音(かいと)投手(3年)が、2失点完投と活躍してチームを勝利に導き、2年連続ベスト8進出に大きく貢献した。

182センチ、85キロで背番号10の最速141キロ右腕は「これまで少ないイニングを投げていました。完封させていただいて感謝しています」と投球を振り返った。

一回に1点を先制されたが、打線が三回に4点を返して逆転。6-1の七回に1失点したが、粘りのピッチングで後続を断った。

習志野は今大会4試合目で初完投。古賀自身はうれしい公式戦初完投を果たした。昨夏、昨秋は1番を背負ったが、今春以降は10番。昨年にエースナンバーを背負った男の意地を発揮した

22日の準々決勝では拓大紅陵と対戦する。「自分は真っすぐ、パワーで押すタイプです」。古賀は3年ぶりの優勝を目指し、準決勝以降もフル稼働する。 (山口泰弘)

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー