東証1カ月半ぶり高値水準 金融緩和維持で6日続伸

産経ニュース
東京証券取引所
東京証券取引所

21日の東京株式市場の日経平均株価は6営業日続伸し、前日終値比122円74銭高の2万7803円00銭で取引を終えた。6月10日以来、約1カ月半ぶりの高値水準。前日までの上昇の反動で朝方は売りが先行したが、日銀が大規模な金融緩和政策の維持を決めたことを受けて、買い注文が膨らんだ。

東証株価指数(TOPIX)は4・15ポイント高の1950・59。出来高は約9億7000万株。

前日の米国市場でダウ工業株30種平均が続伸し、21日の東京市場も平均株価の下げ幅は限定的だった。ロシアとドイツを結ぶ主要ガスパイプライン「ノルドストリーム」を巡り、保守作業が終了し供給が再開されたと伝わったことも好感された。

市場関係者からは「日銀の緩和継続は想定内だったが、市場の安心材料となった」との声が聞かれた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故