浪速風

映画「とんび」とは真逆の悲劇

産経ニュース

重松清氏のベストセラー小説「とんび」の映画に心を洗われ、公式サイトにある一文を読んだ。「父のめいっぱいの愛と、皆の暖かい手で、僕は大人になった」。昭和の時代、瀬戸内を舞台に、不器用な父が妻の死を乗り越え、人情に厚い町の人たちの手を借りて息子を育てる物語

▶これとは真逆の児童虐待が起き続けている。児童相談所(児相)の相談対応件数は右肩上がりで、令和2年度に初めて20万件を超えた。6月末、大阪府富田林市の自宅で2歳女児が熱中症死した事件では、保護者の祖母らが4日間で計57時間、女児の手足を縛って柵の中に閉じ込めていたという

▶こんな保護者に対し、子供の命を守るのは難しい。近所付き合いの希薄さが増している現代なら、なおさらだ。防波堤の一つが児相だが、相談件数の急増に児童福祉司ら専門家の増員が追い付いていない。散見される児相の誤った判断を改善するためにも、人員増は欠かせない。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病