2つのメダル「母国のために」 世界陸上のウクライナ選手団が喜び語る

産経ニュース
女子走り高跳びで2位となったウクライナのヤロスラワ・マフチフ=19日、米オレゴン州ユージン(代表撮影)
女子走り高跳びで2位となったウクライナのヤロスラワ・マフチフ=19日、米オレゴン州ユージン(代表撮影)

世界陸上選手権のウクライナ選手団が20日、開催地の米オレゴン州ユージンで記者会見し、前日の女子走り高跳びで2位になったヤロスラワ・マフチフは「全てのメダルはウクライナのためにある。母国の人たちを笑顔にできたらいい」と喜びを口にした。

4位に入ったイリーナ・ゲラシチェンコは「メダルは取れなかったが、スポーツはこういうもの。ここで跳躍できたことがとてもうれしい」とかみしめるように話した。

男子走り高跳びのアンドリー・プロツェンコも銅メダルを獲得。過去4カ月はウクライナ軍の一員として戦闘の最前線にいたという同国陸連のレフヘン・プロニン会長代行は「他国のチームは故郷でトレーニングできるし、両親や子供たちにも会える。われわれの今大会への準備は最も困難なものだった。でも2つのメダルを獲得することができた」と誇った。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」