ケリー、寿司屋デビューしました!

春先、赤坂見附駅周辺を歩いていた時、テラスにわんこがいる飲食店を発見。店名を確認すると、「板前寿司」とあります。ん? ここに「板前寿司」、あったっけ? 早速、ググってみると、2022年4月に移転リニューアルオープンしたばかり、とのこと。そもそも赤坂店は、「板前寿司」の1号店で、15年前にオープンしているのだそうです。知らなかった……。そして、リニューアルに伴い、2卓のテラス席 (1卓4名まで利用可能)は、ペット同伴で利用できるようになったのだとか!

これは行ってみたい!と、平日の午後、犬連れということを伝えてテラス席を予約し、ケリーと出かけてみることにしました。

テラス席はこぢんまりとしていますが、赤坂見附駅から徒歩1分足らず(テラス席から駅の入口が見えるレベルの近さ!)という立地にありながら、不思議と非日常感が感じられるのが魅力です。街中の寿司店のテラス席で、わんこを侍らせて(笑)、極上マグロを食べるって、少なくとも私にとっては、初めてのシチュエーションでした。日常のなかの非日常というか、なんやかやテンション上がります!

さーて、何をいただこうかな。

どれどれ。おや、定番メニューのほかに、旬のおすすめメニューがあるじゃないですか。まずはそこから岩牡蠣と生しらすをオーダーします。サワーを飲みながら、いただきまーす! ケリーも、お店が用意してくれたお水をがぶがぶ。飲み終えると、恨めしそうに私の顔をのぞき込んで来ましたが、とりあえずはシカトです(笑)。しばらくすると、飽きたのでしょう。床にねそべって微睡んでました。よしよし。

愛犬を膝に置き、なでなでしながら、寿司屋で旬の食材をいただく──というご機嫌な時間を堪能したあとは、いよいよ板前寿司の真骨頂でもあるマグロをいただくことに。ご存じでした? 「板前寿司」では、一流店がこぞって顧客に名を連ねる、豊洲市場の仲卸「やま幸」の本マグロがいただけるのです! 今回は、私ひとりで伺ったので、「最強本まぐろセットハーフ」(2,180円)をオーダー。噂のマグロは、ええ、噂に違わぬ美味しさでした(笑)。サラダ付きだったので、レタスを少し、ケリーにおすそ分けしました(笑)。

テラス席のみとはいえ、寿司屋でペット同伴OKにしている店はあまりありません。お店の人に聞いたところ、実行に至るまでは紆余曲折もあったとか。とはいえ、口コミで、瞬く間にわんこオーナーに広まり、週末のテラスはわんこ連れでにぎわいを見せているそうです。大切なことなので繰り返しますが、テラス席は2席のみ! ぜひ予約してからお出かけくださいませ。

ちなみに、同店はスマホでオーダーできる「モバイルオーダーシステム」を採用しています。非接触、ということ以上に、テラス席から気軽に、自分のペースで注文できるのは、やっぱり便利でした。テラス席から店内をのぞいてみましたが、リニューアルしたばかりということで、とてもきれい! で、こちらも2卓限定ですが、ハイボールが飲み放題で楽しめる、ハイボールタワーも用意されてました(60分500円)。

わんこ連れで、ひとりでサクッと、あるいは友人と──。いろいろな使い方ができそうです。

板前寿司 赤坂店

東京都港区赤坂3丁目10番1号 対翠館ビル 1F

03-6659-7288

https://itamae.co.jp/shop/akasaka.html



  1. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信

  5. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も