五輪組織委員会の元理事、AOKIから金銭受領か 4500万円超の現金 東京地検特捜部も関心 読売新聞報道

ZAKZAK
大会は無事終了したが…
大会は無事終了したが…

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会を舞台にした金銭疑惑が浮上した。組織委理事を務めていた高橋治之氏(78)が、自身が代表の会社と大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」(横浜市)側の間でコンサル契約を結び、AOKI側から4500万円を超える現金を受け取っていた疑いがあることがわかった。20日付の読売新聞が報じた。

理事は「みなし公務員」とされ、職務に関する金品の受領を禁じられている。東京地検特捜部も同様の情報を把握しており、捜査を進めているもようだ。

高橋氏のコンサルタント会社は17年9月、AOKI側とコンサル契約を締結。コンサルタント料は総額では少なくとも4500万円以上になるという。AOKIは18年10月、五輪・パラのスポンサー企業のひとつとなり、公式ライセンス商品などを販売した。

高橋氏は大手広告代理店「電通」のスポーツ事業で頭角を現し、「日本のスポーツビジネスを変えた男」といわれるほどの大物。専務で退任した後、14年6月に組織委理事に就任した。

高橋氏を巡っては、ロイター通信が20年3月、五輪招致委員会から820万ドル(約8億9000万円)相当の資金を受け取り、国際オリンピック委員会(IOC)委員らにロビー活動を行っていたと報じた。

高橋氏はロイターに対し、ラミン・ディアク世界陸連前会長(セネガル)にセイコーの腕時計やデジタルカメラなどの贈り物をしたが、「賄賂を渡すなど不適切なことはしていない」と強調したという。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」