阪神・ウィルカーソン、2カ月ぶり星 フォーム固め実り5回2/3無失点、ローテはく奪危機に耐えた粘った!

サンスポ
汗を飛ばして投球するウィルカーソン。六回途中無失点と好投した(撮影・水島啓輔)
汗を飛ばして投球するウィルカーソン。六回途中無失点と好投した(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、広島0-3阪神、14回戦、広島10勝2敗2分、19日、マツダ)先発ローテはく奪の可能性もあった助っ人が、土俵際で踏ん張った。ウィルカーソンが六回途中5安打無失点の粘投。5月27日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来、6試合ぶりの白星となる今季5勝目(4敗)を挙げた。

「うまく全部(の球種)を混ぜることができた。いい時もあれば、悪い時もある。波があるのも野球だと思うけど、うれしいですね」

17日までの巨人3連戦で27得点をたたき出した鯉打線を封じ込めて満面の笑みをみせた。一回、2死一塁からマクブルームを145キロの直球で空振り三振。二回は死球と安打で無死一、二塁されたが、失点は許さなかった。「梅野君が非常にいいリードをしてくれたのも大きかった」。3-0の六回には先頭の菊池涼に中前打を許したが、秋山を右飛、マクブルームを三ゴロに打ち取った。

直近5試合のうち3試合は五回持たず降板。「力みすぎていたというか、(右肩に)無駄な力が入っていた」と反省し、ブルペン投球でのフォーム固めに時間を割いた。ナインも驚く汗っかきで、この日は長袖のアンダーシャツで臨んだ。 「汗を止めたかったのでね。早く涼しくなってほしい」と笑ってごまかしたが、投球時に指先が汗でにじむうことを防ぐためのアイデアでもある。

先発予定だった前日18日が降雨中止となったD3位・桐敷(新潟医療福祉大)がこの日は中継ぎでブルペン待機。2軍では藤浪も先発要員としてスタンバイ。安穏としていられなかった中で結果を出したウィルカーソンは「今後もこんな勝つピッチングを続けられるように頑張りたい」。久しぶりにスポットライトを浴びて、胸を張った。(三木建次)

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病