虎のソナタ

虎のサンスポといえど、さすがにこの日は羽生一色 チーフデスクの心配杞憂…広島戦開催されたけど

サンスポ
グラウンドにシートが敷かれていたマツダスタジアム。天候が回復し、無事プレーボールがかかった(撮影・水島啓輔)
グラウンドにシートが敷かれていたマツダスタジアム。天候が回復し、無事プレーボールがかかった(撮影・水島啓輔)

(セ・リーグ、広島0-3阪神、14回戦、広島10勝2敗2分、19日、マツダ)午後2時00分00秒-。

広島にいた虎番キャップ・長友孝輔のスマートフォンが鳴った。

「グラウンド状態はどうかな?」

声の主は当番だったチーフデスク(CD)の上阪正人。もちろん朝から虎番たちと連絡を取り合っているが、CDの基本的な出社時間は午後2時。おそらく、上阪はそれよりも前にCD席に陣取り、秒針が「12」を指す直前に、受話器を手にしたと推測される。

「グラウンドにはシートを敷いていると思いますが…。シートの下までは分からないです」

長友は丁寧に答えた。あのねぇ。マツダスタジアムの広島戦の試合開始予定は午後6時。この時期の雲の流れは、天下のウェザーニューズ社でも予想できないほど不規則。試合をやるかやらないのか、ギリギリにならないと分からないのさ。

でも、上阪よ。気持ちはメチャクチャ分かる。小欄には手にとるように、分かる。おそらく、上阪に電話をかけさせた人物がいる。「上阪デスク、きょう、試合あるの? なかったら、何かネタあるの?」と上層部の誰かからジョーク交じりに尻をたたかれ、それをマジメに受けたのだろう。CDもツライのだ。

CD席の電話を鳴らすと、上阪は「ウエサカ46ではなくなりました」という。ハ⁉ 「ウエサカ46でも、欅坂46でもなく、47になりました」。

兵庫県宝塚市で生まれ、関学大出身。2000年に産経新聞入社後は夕刊フジ、産経新聞などで活躍し、5月1日付でサンスポ次長として、やってきた。普段は物静かな男で18日は通常業務が終わっても「明日の当番デスクの支度がありますから」と残業を決め込んでいたキマジメな性格だが…。暑さの影響か…。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  2. 【ベテラン記者コラム(11)】岡本綾子さんが怒った優勝会見「何もないなら帰るわよ」

  3. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  4. 女優・階戸瑠李さん急死にネットも涙…「半沢直樹」で印象的な演技「本当に残念」「これから…と期待していたので…」

  5. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病