横浜が延長で横浜隼人下す 決勝2点三塁打の大坂啓斗「チームを盛り上げようと」/神奈川大会

サンスポ
延長十回に2点三塁打を放ち、右手を突き上げる大坂(撮影・赤堀宏幸)
延長十回に2点三塁打を放ち、右手を突き上げる大坂(撮影・赤堀宏幸)

第104回全国高校野球選手権大会神奈川大会(20日、横浜4-2横浜隼人=延長十回、横浜スタジアム)2年連続20度目の夏の甲子園を狙う横浜は、2009年以来2度目の夏の甲子園をめざす横浜隼人と5回戦で対戦した。先制を許したが、七回に追いつき、九回に勝ち越したが、その裏追いつかれた。それでも1死満塁のピンチをしのいで、2-2で延長に突入。十回1死一、二塁で、5番・大坂啓斗外野手(3年)が左中間に2点適時三塁打を放ち、逃げ切った。

横浜・大坂啓斗外野手は、横浜隼人戦の延長十回1死、一、二塁で左中間に2点三塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)
横浜・大坂啓斗外野手は、横浜隼人戦の延長十回1死、一、二塁で左中間に2点三塁打を放った(撮影・赤堀宏幸)

大坂は「打ったのは、真っすぐ。村田監督から『お前が上がれば、チームも上がる』といわれていて、チームを盛り上げていけるようにと思ってきた」と胸を押さえた。村田監督は「神奈川は厳しい。九回(1点リードで)その裏、同点にされ1死満塁のピンチになって(救援した)鈴木がよく、勝負してくれた。その後、大坂は、ああいう場面でよく打ってくれた」と深く息をついた。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  5. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生