196年ぶり復帰の鷹山 曳き初め 祇園祭・後祭

産経ニュース
祇園祭・後祭で本格復帰する「鷹山」。多くの人が見守る中で、山や鉾の試し曳きをする「曳き初め」が行われた=20日午後、京都市中京区(渡辺恭晃撮影)
祇園祭・後祭で本格復帰する「鷹山」。多くの人が見守る中で、山や鉾の試し曳きをする「曳き初め」が行われた=20日午後、京都市中京区(渡辺恭晃撮影)

京都・祇園祭で、後祭の山(やま)鉾(ほこ)巡行(24日)を前に、196年ぶりに巡行に復帰する鷹(たか)山(やま)を含む5基が20日、山や鉾の試し曳きをする「曳(ひ)き初め」を京都市中心部で行った。

鷹山は文政9(1826)年の巡行で大雨により装飾品を損傷して以来の巡行参加。幕末の争乱「蛤御門(はまぐりごもん)の変」ではほとんどの部材が焼失し、鷹山保存会が数年前から復帰を計画して制作していた。

この日は、鉦(かね)や笛で奏でる囃子(はやし)方による祇園囃子が流れる中、町内や保存会の関係者ら約100人が参加。「エンヤラヤー」の掛け声に合わせて、高さ約18メートル、重さ約10トンの山を力強く引っ張り、約130メートルを3往復した。同保存会の山田純司理事長(68)は「夢にまで見た曳き初めを終え、感無量。巡行当日は今しか見られない、白木のすっぴんの状態を見てもらいたい」と話した。

後祭の山鉾巡行では11基の山や鉾が参加し、午前9時半に烏丸御池交差点周辺を出発。鷹山は10番目に巡行する。

  1. NHK「ちむどんどん」賢秀(竜星涼)、矢沢永吉の名曲熱唱に朝ドラファン興奮「アテ書き」「ニーニーの時間は止まらない」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. ライジングサン、Vaundy欠場→代打・藤井風にファン胸熱「頼り甲斐あるアニキ」「ファン層を理解した上での代打」