大谷翔平のWBC招集はある? 侍ジャパン・栗山英樹監督「みなさんが思っている通りで」

サンスポ
野球日本代表・栗山英樹監督
野球日本代表・栗山英樹監督

野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督(61)が20日、NHKが中継した第92回米大リーグ・オールスターゲーム(19日=日本時間20日、ロサンゼルス)に解説者として登場。2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場に意欲を示している大谷翔平投手(28)=エンゼルス=について「みなさんが思っている通りで」と招集に含みをもたせた。

大谷は日本ハムに在籍していた2017年のWBCは故障で参加を辞退。出場すれば自身初となる。当時日本ハムを指揮していた栗山監督は「なんとか17年のWBCに出られるようにという(経緯はあったが)、ちょっと故障があったので。本当にいろんな試行錯誤、話をずっとしていたんですけど。なかなかうまくいかなかった」と振り返った。

大谷は18日(日本時間19日)の取材で来年のWBCについて「出たい気持ちはもちろんあります。自分に実力があるのであれば、選んでもらえるのであれば、プレーしたい」と話している。

2013年の第3回大会の日本代表は大リーガーが出場せず、17年の第4回大会は青木(当時アストロズ、現ヤクルト)だけだった。開幕直前の派遣に難色を示す球団が多かったが、エンゼルス側とは「雑談程度に」出場の可否を話し合い「プラスの意見はもらっている。おそらく快く引き受けてくれるんじゃないか」と承諾の感触を得ているという。

この日、大谷はオールスターゲームに2年連続2回目の出場を果たし、第1打席で中前打を放って自身初の安打をマークした。