滋賀・万木市議の政務活動費、報告書虚偽記載認める

産経ニュース
5月の全員協議会に出席した万木豊市議=高島市議会
5月の全員協議会に出席した万木豊市議=高島市議会

滋賀県高島市の万木豊(ゆるぎゆたか)市議(58)が政務活動費(政活費)の行政視察報告書の不備を指摘され、再提出後に事実と異なる内容が判明し、「報告書に虚偽記載した」と不正使用を認めていることが20日、わかった。同市議会は「議会として厳正に対処する」とコメント。今後、弁護士とも相談して、早急に対応するという。

同市議会の広本昌久議長によると、万木市議は今年3月31日、調査旅費として政活費から4万5140円を使ったとする収支報告書を広本議長に提出した。調査内容としては、今年3月29、30の両日、国土交通省、文部科学省、環境省、農林水産省の4省を訪問し、豪雪地帯への国の財政措置などについて担当者6人から説明を受けたと報告していた。

5月19日になって、報告書の情報公開を請求し、閲覧した市民から、「日時、場所、面会者などが記されていない」と議長宛てに質問状が届いた。市議会では代表者会議を開いたうえで、広本議長が万木市議に報告書の再提出を求めた。これを受けて万木市議は4省の担当者の連絡先が記された一覧表を提出した。しかし、議会事務局が記された担当者に問い合わせると、長期出張者を除く5人が「記憶にない」「対応していない」と面会を否定したという。

当初、万木市議は調査視察には「実際に行った」と議会事務局に説明していた。しかし、今月8日、「政務活動と政治活動の区別がつかない」などの理由で、突然、議会事務局に調査旅費の返還を申し出たという。議会事務局は対応を保留していたが、19日夜、改めて広本議長が万木市議に事実関係を確認したところ、報告書の虚偽記載を認めたという。

広本議長は「今回の問題は、政活費を返還したらそれで済むという問題ではない。大変遺憾であり、議会として厳正に対処したいと考えている。今後、弁護士も交え、対応を協議する」としている。

全員協議会で厳しい指摘

滋賀県高島市議会の全員協議会が20日、開かれた。政務活動費の不正使用が明らかになった万木豊市議(58)は診断書を提出し、欠席した。

ただ、万木市議の政活費の不正使用について、広本昌久議長が各市議に意見を求め、「虚偽有印公文書作成・同行使で告訴すべきだ」「議員として説明責任を果させるべきだ」など厳しい発言が相次いだ。

万木市議は、同僚の中川あゆこ市議(42)に対する準強制性交容疑で書類送検されたが、大津地検は不起訴(嫌疑不十分)としている。

政務活動費 地方自治法に基づき、議員の政策形成能力などの向上や市政に関する調査研究に必要な経費の一部として交付。滋賀県高島市では、各会派に所属議員数に月額2万円を乗じた額、無所属議員には月額2万円がそれぞれ交付されている。調査旅費など使途基準を定め、領収書などの証拠書類の写しを添えた収支報告書の提出を義務付け、情報公開にも対応。年度末に残余がある場合、返還しなければならない。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑