山梨県、自宅療養の運用変更へ 感染急増、看護師が経過観察を

産経ニュース
山梨県の長崎幸太郎知事(渡辺浩撮影)
山梨県の長崎幸太郎知事(渡辺浩撮影)

山梨県の長崎幸太郎知事は20日、臨時記者会見で県独自の自宅療養制度「ホームケア」の運用を見直し、看護師が経過観察することで、対応できる陽性者を増やす態勢へとする方針を説明した。同日の新型コロナウイルスの新規感染者が1千人を超える見通しとなり、今後予想される医師不足に対応するため。

ホームケアは、感染者が無症状や軽症の場合、医師が診断したうえで、入院ではなく自宅で療養する仕組み。療養中はスマートフォンなどを通じ、体温や酸素飽和度、症状などを陽性者が入力し、これらのデータを元に、担当医師が経過観察し、悪化した場合には入院に切り替えるなど対処する。

今回の急激な感染者増加で、医師不足が懸念されることから、経過観察を看護師が担当できるようにする。専門家らの意見を聞き、21日にも制度の見直しを決定する。

県では外出自粛などの行動制限は、コロナ病床使用率が50%を超えた場合としている。現在30%台に上昇しており、新たな態勢で自宅療養への対応力を整備し、行動制限に至る前に感染を抑制したい考えだ。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 島田陽子さん逝く…大腸がん闘病3年69歳 ヘアヌードに不倫…清純派から壮絶人生

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー