巨人・原監督が山口オーナーに前半戦報告し、方針再確認「自軍の選手で乗り切る」

サンスポ
ヤクルト戦の前にオーナー報告を行った原監督(撮影・佐藤徳昭)
ヤクルト戦の前にオーナー報告を行った原監督(撮影・佐藤徳昭)

(セ・リーグ、ヤクルト―巨人、18回戦、20日、神宮)巨人・原辰徳監督(63)が東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、山口寿一オーナー(65)へ前半戦の報告を行った。

試合前に報道陣の取材に応じた指揮官は「オーナーも本当に親身になって野球を見てくださっている。いいところ、足りないところも含めていい話ができた」と明かした。

昨年、2024年までの3年契約を結んで迎えた原監督は、首位ヤクルトに大きく引き離されている。開幕から救援左腕の中川、外野手の梶谷が故障で戦力となれず、坂本、吉川ら主力の離脱も相次いだ。一方、世代交代を掲げた今季は、ここまで6投手がプロ初勝利を記録。守護神に抜擢したドラフト1位・大勢(関西国際大)もリーグトップの25セーブを挙げるなど、若手育成の成果も出ている。

指揮官は辛抱強く育てながら戦う今季について「真っ白いキャンバスに一生懸命、絵を描こうとしている人が多いこのジャイアンツ。時に『えっ』ていう絵もあるけれども、必ず完成したらきちんとしたいい絵になる」と、先を見据えてチーム作りをする方向性を表現。「シーズン前に戦力補強は外国人だけで、自軍の選手で乗り切ると。それがちょっと計算が狂っている、戦力がいない、あるいは、けがで戦うことのできない。それの現状も分かった上で、そのブレというものはオーナー、私にはないということが確認できた」と思いを共有したことを明かした。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月11日OA第89話あらすじ ついに暢子(黒島結菜)と和彦(宮沢氷魚)の披露宴開催!ゲストが一堂に会し…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「#伊藤の浮気にイワクラ涙」トレンド入り きっかけに「また誤解を生むキーワードを…w」「第2の山添」とネット爆笑