NHK朝ドラ「ちむどんどん」房子には姉がいた!「たった1人の妹」で混乱した視聴者納得「賢三との繋がり判明」

イザ!
「アッラ・フォンターナ」のオーナー、大城房子(原田美枝子)。(C)NHK
「アッラ・フォンターナ」のオーナー、大城房子(原田美枝子)。(C)NHK

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第73話が20日、放送され、東京・銀座の一流レストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー、大城房子(原田美枝子)に姉がいたことが判明し、視聴者から驚きの声があがっている。

沖縄のサトウキビ農家の次女として生まれ、沖縄料理に夢をかける主人公の比嘉暢子(黒島結菜)とそのきょうだいたちの姿を描く同作。タイトルの「ちむどんどん」は、沖縄の言葉で「心がドキドキする」を意味する。

房子は、フォンターナのオーナーであると同時に暢子の大叔母でもある。過去に描かれた戦前の回想シーンでは、房子には戦争で生き別れた妹がおり、彼女が「唯一の肉親」という説明があった。暢子の父、賢三(大森南朋)が妹の息子であるなら、房子は暢子にとって大叔母ではなく大伯母になる。この展開に多くの視聴者が混乱し、SNSに「房子オーナーと比嘉家の家系図が知りたい」などのリクエストが寄せられた。

ドラマは現在、第15週「ウークイの夜」(第71~75話)が放送されており、この日の放送では、夫の賢三との馴れ初めを子供たちに話す母、優子(仲間由紀恵)の場面と、賢三との関係を料理長の二ツ橋光二(高嶋政伸)に打ち明ける房子の場面が交互に展開し、随所に戦後の回想シーンが挟まれた。

房子によると、彼女の両親はやんばる出身で、幼い姉を親戚に預けて横浜・鶴見に職探しにやってきて、房子が鶴見で生まれた。姉には一度も会ったことがなく、姉の息子が賢三(桜田通)だった。そして戦前、出稼ぎで鶴見に来た賢三と出会った房子は、初めて親戚と呼べる人間に会えたことを喜び、賢三の明るい性格や三線のうまさ、人懐こさに癒された。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 佐藤早也伽と岩出玲亜が転倒 佐藤は両ひざから出血/大阪国際女子マラソン

  5. 「罠の戦争」第3話あらすじ 亨(草なぎ剛)は犬飼(本田博太郎)の息子の不祥事隠蔽に事務所の金が使われていたことに気づく

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン